自動車保険の支払い方に種類はあるの?

支払い方法は主に四つ

自動車保険の支払い方は主に四つあり、銀行振込・現金払い・コンビニエンス払い・クレジットカード払いです。
銀行振り込みであれば、ATMから振り込んだり、インターネットバンキングで振り込んだりすることができ、金額を確認しながら行えるので安心できます。現金払いは、代理店に現金を直接持って行って払うものです。必要なお金を持って行けば払えるので簡単です。しかし、高額になる場合には盗難などに気を付けなければいけません。コンビニエンス払いは、夜間でも支払いをすることができるので便利です。買い物のついでに払ったりできます。これらは支払期日があるので、それまでに必ず支払うようにしましょう。
クレジットカード払いは、支払い忘れることがないメリットがあります。しかし、クレジットカードを持っていることが前提であり、引き落とし口座に必要な金額を入れておく必要があります。

支払いの回数も重要です

保険料を支払う時、多くの場合には一括払いが基本となっているので、一度に大きなお金が必要になり金銭的な負担が大きいです。しかし、中には分割で支払いが可能な保険会社もあるので、契約する前に確認しておくことも大切です。保険会社が独自の分割払いで対応していたりしますが、ダイレクト系では少数のみが対応しています。分割払いにすると若干の割増し料金になるので、その点に注意しなければいけません。
保険料が安く済む保険会社であっても、分割払いに対応していないこともあります。そのような場合には、クレジットカードの分割払いやリボ払いで対応しましょう。しかし、この方法も金利や手数料がかかるので、その点に注意する必要があります。

© Copyright Short-term Car Insurance. All Rights Reserved.